スペインのワーホリ、ビザ申請方法、申請条件、費用まとめ。

Pocket

スペインでワーホリしたい私…。この気持ち何年間維持してるんや!いい加減行動すっぞ!

ってことでワーホリビザの申請にあたり大切な基本情報をまとめてみました。

スペインのビザ申請は非常にアナログでオーストラリアやニュージーランドのようなオンラインからの申請ではりません。

スポンサーリンク

滞在可能期間

1年間 (就労可能)

1年間の定員

500名

ビザ申請方法

ビザ申請には申請者本人が大使館に出頭し、書類を提出する必要がある。※予約いらない

ビザの申請のタイミング

ビザの申請は余裕を持って行ったほうがいい。理想は出発希望日の2ヶ月ぐらい前から。

(ただし出発希望日の90日以上前の申請の受付はできない。)

ビザ申請条件

・18歳以上、30歳以下であること。

・日本国籍を所有していて、パスポートの残存期間がスペイン滞在期間をカバーしていること(原本とコピー)

・家族を同伴させないこと

・写真(4.5x3.5 )1枚。申請書右上に貼付すること。(カラー写真で、背景が白色)

・住民票(発行から90日以内)。

・ビザ申請時点で3ヶ月以上日本に居住していること

・往復航空券予約または往路のみの予約。※往路のみの予約を提出する場合は往路の航空券代を残高証明書の金額にプラスすること。

・経済能力の証明。最低でも3ヶ月の滞在費分1614ユーロ(約20万)以上の支払い能力がある証明としていずれか提出。

ー本人名義の残高証明書
和文OK。金融機関や郵便局が発行し、押印されているもの。 発行日から1ヶ月以内のもの。(原本のみ)

ー本人名義の銀行通帳のコピー(通帳の表紙及び現在までの数ヶ月間の出入金記録のコピー)

・健康診断書
大使館作成の書類の医師が記入、署名、医師と病院の捺印がされたもの(発行日より1ヶ月以内・指定病院なし)

・以前、スペインからワーホリビザを発給していないこと

・ワーホリ申請に伴う宣誓書添付フォームに記入し、本人のパスポートと同じ署名をすること。

・NIE番号申請用紙、NIE申請費用(1288円)を負担。

・Plan de viaje(旅行日程表)に大まかな予定を記入。スペイン語、または英語。

参考資料:ワーキングホリデービザ申請方法.pdf

スポンサーリンク

ビザ申請が許可されたら

1ヶ月以内にスペイン大使館へ出頭してパスポートを受け取る。(注意:大使館を出る前にビザに間違いなく押印があるか確認。)

申請が拒否された場合、通知から2ヶ月以内にマドリード高等裁判所 or 1ヶ月以内に東京スペイン大使館へ異議申し立てをすることができる。

申請手数料

無料。ただし、NIE番号(外国人識別番号)の申請費として1288円が必要。

以上、基本的にスペインワーホリビザの申請方法でした。自分で書類を作って一応不安なので詳しい留学エージェントにも頼ってみるつもりです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告