【画像あり】イギリス料理は本当にまずいのか? 1週間、イギリス料理を食べ続けて気付いたことをまとめてみた。

Pocket

突然ですが、イギリス料理と言われて何をイメージしますか?「イギリス料理=まずい。」そんなイメージがありませんか?でも実際、彼らがどんな料理を毎日食べているのか知っていますか?

ということで今回、「1週間イギリス料理だけ生活」を体験してみました。イギリス人が美味しい!と思うものは日本人にとって果たして美味しいのか…いざ検証開始!

スポンサーリンク

料理を作ってくれる人

イギリス、スコットランド出身のパトリック。得意な料理はミートソース。好きな日本食は焼きそば。嫌いな日本食は寿司と冷たいそば。スコットランドにいた時も毎日料理をしていたという彼。一体、どんな料理を作るのか…。

1日目 ソーセージ、じゃがいも、豆、玉ねぎ

一日目はソーセージ、マッシュポテト、豆、玉ねぎの炒めものでした。写真一番下の豆はBaked Beansと言います。イギリスやオーストラリアのスーパーでは専用のコーナーがあるくらいポピュラーな食べ物です。主に朝ごはんでよく食べます。

ケチャップのソースに浸かっているんですが、味がまあパッとしない。ケチャップの味がそこまでする訳でもなく、ドロッとしていてなんとなく甘い。

2日目 ピザ(冷凍)、じゃがいも、ソーセージ、チキンナゲット(冷凍)

2日目のメインは冷凍食品のピザ。サイドディッシュにはマッシュポテトとソーセージ、
チキンナゲットがありました。マッシュポテトの上にある茶色いソースはグレイビーソース(gravy sauce)です。肉料理やフライドポテトによくかけるソースです。

3日目 ミートボール、トマトソース、じゃがいも、ペンネ

今回はミートボールとペンネでした。イギリスやオーストラリアのスーパーにはミートボール用の肉が売っていて、ミートボール用のトマトソースも売っています。ソースと肉を入れて完成!簡単です。3日目にして緑黄色野菜が恋しくなってきました。

4日目 焼きそば、じゃがいも

今回は焼きそばでした。じゃがいもも入っています。現在はオーストラリアに住んでいますが、日本の食材が売っているアジア専門店がたくさんあります。そこで日本の焼きそばを買うことができます。オーストラリア人も焼きそばやお好み焼きな人がとても多いです。ブリスベンには焼きそば専門店があるぐらい焼きそばが人気です。

5日目 ミートパイ、フライドチキン(冷凍)、豆


今回はほとんど冷凍食品でした。ビーフパイ(写真左)、フライドチキン(写真右)。豆以外、冷凍食品です。イギリス、オーストラリアではビーフパイという牛肉のパイが結構有名で、スーパーの冷凍食品コーナーに必ず売っています。ケチャップやBBQソース、チーズをかけて食べると美味しいです。

6日目 野菜チキンカレー

今日はインドカレーを食べました。イギリスにはインド系移民が多いこともあってたくさんのカレー屋さんがあります。だからイギリス人はインド料理をよく食べます。この日は、辛いカレーが食べたいということで、近所のカレー屋さんで野菜チキンカレーを持ち帰りしました。左の茶色いご飯は玄米です。

7日目 タイガーブレッド、ソーセージ、豆

最終日は大好物を食べさせてあげる!と気合いが入っていました。何が出てくるかと思ったら、豆とパンとソーセージでした。「これが大好物ってヤバいな…。」と内心思いながら、
なんとか完食。

1週間イギリス料理を食べてみた感想

・全体的に茶色い

・生野菜を全然食べない

・豆とじゃがいも率が異常

・メインからデザートまで冷凍食品

・お米よりもパンが多い

・一品料理でも気にしない

全体的に茶色い料理が多い

肉、ソーセージ、豆、じゃがいも、パンが固定メンバーでほとんどの割合でいます。結果として食べたものが全体的に茶色かったです。唯一の野菜は冷凍のミックスベジタブル(写真上)ぐらいでした。

野菜を全然食べなかった

この1週間、生野菜は0でした。パトリックはじゃがいもと豆で栄養を取っているから問題ないと言っていました。本当かな…? 後半はサラダが食べたくて震えました。

豆、じゃがいも率が異常

豆とじゃがいもの登場率がかなり高かったです。パトリックが豆好きと言うのもありますが、そうでなくてもネイティブは朝ごはんにパンと豆、夜はステーキとじゃがいもなんてことが多いです。しかもスーパーに行くとありえない数のフライドポテトが売っていて細いものから太いもの、ギザギザのものまで…ここまでかっ!ってぐらいたくさんあります。

最近気づいたけどフライドポテトの方が生のじゃがいもよりグラム換算で安かった…。

メインからデザートまで冷凍食品

フライドポテト、ビーフパイ、フライドチキン、野菜、ケーキ、とにかく冷凍食品にしちゃう!イギリスやオーストラリアのスーパーは日本の2、3倍のスペースに冷凍食品がズラリとあります。冷凍食品だけで生きていけます。

お米をあまり食べない。パンが多い。

圧倒的にパンが多い。以前、オーストラリアの家族とホームステイをした時、1週間に一回しかお米が出てきませんでした。今回もお米を食べたのは1週間の間で一回だけ。お米が恋しくなりました。

一品料理でも気にしない

日本だったら、シンプルな夜ご飯といっても、メイン料理、米、味噌汁、これぐらいは食べると思います。5品、6品と出てくる家もありますよね。でも私がパスタを作ってさらにスープを作ろうとすると、パトリックは「パスタがあれば十分じゃん。なんでスープを作るの?」と聞いてきます。一品だけじゃ寂しい!というとあっちは「なぜ十分なご飯があるのにもう一品作るんだ!日本人はクレイジーだ」と言います。普段生活していて食文化の違いを感じます。

イギリス人は日本食が嫌い!?

今まで会ったイギリス人で寿司や刺身が好きな人がオーストラリア人に比べて圧倒的に少なかったです。

なぜ嫌いか聞くと大体の人が口を揃えてこう言います。「そもそも生魚を食べない」「冷たい食べ物はおいしくない」イギリスで生魚を食べる習慣がもともとなかったり、冷たい食べ物を食べることがほとんどないことから、生魚や冷たい食べ物が苦手な人が多いです。

イギリス人はお好み焼きが好き

反対に、お好み焼きや焼きそばが嫌いな人には会ったことがありません。日本に来たことがあるイギリス人の友達や生徒と話すとき、たいていお好み焼きが一番美味しかったと目をキラキラさせて言います。お好み焼きは圧倒的な人気を誇っています。

もし、留学先で日本食を作って欲しいと頼まれたら個人的にはお好み焼きをオススメします!
また作って欲しいと頼まれると思いますよ♪

イギリスの料理はまずい

確かに、イギリスの料理は日本の料理に比べて全く違います。味噌汁もなければ納豆もない。揚げ物、じゃがいも、豆、聞いているだけで胸焼けしそうですが、実際食べてみるとそこまでまずい!!っていうほどではありませんでした。でもうまい!!というほどではありません。

食べれるけどなんか味がぼやっとしているというか何か物足りない味がしました。繊細さが0。もっと醤油を入れたいような、マヨネーズをかけたいような、そんな感じでした。

イギリス料理を家庭で食べたい

アマゾンにBaked Beansとマッシュポテトが売っていました。家庭でイギリス料理を食べてみたい人はトライしてみてください。美味しい!と思った人はイギリスで生きていけます。笑

【関連記事】
オーストラリアでカンガルー肉を食べたら想像以上の味だった

イギリス人がセンター試験の英語を解いたら満点取れるのか?実際に解いてみた。

日本の当たり前は海外で異常!?外国人が日本に来て驚いた20のこと

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告